コーヒースペシャリテ

-商品詳細-
原材料:本格焼酎(福岡県産、佐賀県産 二条大麦使用 麦焼酎)、黒糖みつ(福岡県産)、コーヒー(ホンジュラス産)
Alc度数:25度
製造元:天盃(福岡県朝倉郡筑前町)

天盃 多田社長とカトラッチャ珈琲焙煎所、筑前町さとうきび部会が産んだ”スペシャリテ”!一切の妥協なく造られた最高品位のコーヒーリキュール!

コーヒースペシャリテ

700ml/¥3,300(税込)


北はカリブ海、南は太平洋に面する中米の国「ホンジュラス共和国」。
ホンジュラスのコーヒー豆の生産量は世界第5位で中米最大のコーヒー豆生産国です。スペシャルティコーヒーも多く産出され、その輸出先はアメリカに次ぎ、日本が第2位です。

2020年3月。コロナ渦によりホンジュラス政府が国内全域で外出禁止令を発令し、物流や経済がストップ。生産者の貧困、アフターコロナを見越した市場を守る為に立ち上がったのが天盃 多田格 社長!

多田社長とホンジュラス産コーヒーとの出会いは『カトラッチャ珈琲焙煎所』代表の今井英里さんとの出会いでもあります。
今井さんはホンジュラスへ青年海外協力隊で小学校教諭として活動していた時に、現地の素晴らしいコーヒーとコーヒー生産者の想いに心を打たれたのがきっかけで、2019年8月にホンジュラスコーヒー豆専門店、カトラッチャ珈琲焙煎所を開業。完熟で手摘みの高品質な豆を適正価格で直接輸入して、自ら焙煎して販売されています。

開業後間もなくして多田社長が愛知県への出張の際に酒販店さんを通じて知り合われたそう。

「私も生産者のためにできることをしたい。私は、蒸溜酒でしか人を幸せにできないから」。

多田社長はそう今井さんに共同企画を提案し、プロジェクトが始動しました。

「職人の魂が宿るコーヒーと焼酎を使うなら、甘味も妥協したくない。」
そこで多田社長が思い出したのが、天盃の地元 筑前町の伝統産業の一つ、黒糖。
『筑前町さとうきび部会』の釜焚き黒糖と黒蜜は、有機栽培、減農薬のサトウキビを育てるところから行い、通常は黒糖を固めるのに使う石灰を使用しません、昔から地元に伝わる伝統の製法を受け継いで作られています。

多田社長が目指したのは、よい原料で手間隙かけて、単体で完成された商品。ウイスキーやブランデーのようなイメージで、甘すぎず、そのまま飲んでおいしいコーヒーリキュール…

より詳しいコーヒースペシャリテ誕生までの経緯はこちらから▼
㈱天盃HP コーヒースペシャリテ


飲んでみるとまさに単体で完成された商品である事がよく分かります。

どこか果実感も連想させる華やかなコーヒーのフレーバー。角が無くまろやかな麦焼酎の旨味を黒糖蜜のゆったりとした甘味が包み込みます。甘味は強すぎず上品で豊か。後半に進むにつれてコーヒー特有の香ばしさ・仄かな酸味・苦味が顔を出し、黒糖蜜のコクを感じさせつつスッキリとした余韻でフェードアウト。

一口、もう一口と飲み進めていくにつれて、麦焼酎・コーヒー、黒糖蜜の味わいがよく感じられるかと思います。まずはそのままストレートで。ロック、ホット、バニラアイスに掛けて等、幅広くお楽しみ頂けます。

専用BOX入りの為、プレゼントにもオススメです!

甘味が濃いもの、コーヒーの風味が強いリキュールがお好きな方にはオススメできません。
麦焼酎・コーヒー・黒糖蜜それぞれの味わいと全体の調和、そして原材料一つ一つに込められた職人の魂を存分にお楽しみください!